本文へ移動

令和6年度 時を守る会 標語の募集

令和5年 時を守る標語
令和5年 時を守る標語
 
 「時を守る会」は、近江神宮の社会教育事業を担っている関連団体、天智聖徳文教財団の事業の一環として、6月10日の「時の記念日」を中心として、時を守る標語の募集、ポスター配布等の活動を通じて時間の大切さを見直す啓発選勤を行っております。
 本年も時の記念日を迎えるにあたり、時を守る標語を募集します。多数のご応募をお待ちしております。
 右に掲載したのは昨年の優秀標語2点のポスターです。
           
          記

【応募要項】 ハガキに標語1点(1枚につき1点記載)、〒住所、氏名(フリガナ)、年齢、職業(在学中の方は学校名・学年)、電話番号、メールアドレスを明記してお送り下さい。ハガキ以外での応募は無効。但し「青少年賞」に学校単位で応募される場合はハガキ以外も可。応募は一人10点(はがき10通)まで。はがき1枚に複数作品を掲載された場合は、その複数作品がすべて無効となりますのでご注意ください。青少年賞は、小・中・高校生の方が対象です。
年齢、学校名、学年は令和6年6月10日時点でご記入ください。

【送り先】 〒520-0015
      滋賀県大津市神宮町1-1(近江神宮社務所内)時を守る会 標語募集 宛
      電話 077-522-3725


【締切り】 令和6年4月8日(月)到着分まで

【 賞 】 最優秀賞標語(1点) 時計贈呈・標語ポスター作成
      青少年賞標語(1点) 時計贈呈・標語ポスター作成
      入選標語 (複数点) 時計贈呈
      入選者の皆様には、6月10日(月 時の記念日)に近江神宮で行われます「漏刻祭」祭典の折に表彰式を行い、賞品(時計)を贈呈します。

【発 表】 5月下旬、入選者の皆様には郵便にてお知らせいたします。
 
【注意事項】 最優秀賞標語ならびに青少年賞標語は、その標語を使って広報・啓発ポスターを作成し、関係各所に配布・掲示し、時を守る啓発活動に広く活用致します。
 ポスターには、一般の方は「在住都道府県名とお名前」を併記し、小中高校生の方は「学校名・学年とお名前」を併記致しますので、あらかじめご了承の上、ご応募下さい。
 なお、応募作品の著作権などすべての権利は主催者に帰属します。 

令和5年標語入選作

 
(1)最優秀賞標語(1点選考)
 
   人知れず 今を奏でる 時の鐘     浦城 亮祐様(奈良県 40歳)
 
(2)少年賞標語(1点選考)
 
   前を見て 君の歩幅で 時刻め     門倉 明穂様(神奈川県 17歳)
 
(3)入選標語(10点選考)
 
   未来はね 自分でかえれる ものなんだ。  (滋賀県・8歳)

   僕たちは 今しかできない ことをやろう  (京都府・13歳)

   走り出す 明日へ向かって この時を    (京都府・13歳)

   変わりゆく 時の重さと その価値が    (滋賀県・15歳)

   積み上げた 時間は全て 今になる     (滋賀県・15歳)

   時の価値 活かせば変わる 夢・未来    (滋賀県・70歳)

   時守る マナーと努力の 二刀流      (兵庫県・80歳)

   
良き未来 時を活かして 創るもの     (神奈川県・71歳)

   時差あれど 喜び悲しみ 同じ時      (石川県・62歳)

   時過ぎて 気付く過ち 正す明日      (滋賀県・52歳)

令和6年 時を守る会クイズ

問題 次の3つの問題に「○」か「×」で、お答え下さい。
 第1問 人類が初めて使用したとされる時計は火時計である。
 第2問 振子時計を発明したのはガリレオ・ガリレイである。
 第3問 うるう秒は西暦2035年までに廃止される予定である。
【応募方法】 ハガキに、(1)問題の答え(それぞれ「○」か「×」か) (2)郵便番号 (3)住所 (4)氏名(ふりがな) (5)年齢 (6)職業(学校名・学年) (7)連絡先(電話・メール)を記入して「時を守る会」クイズ係までお送りください。(1)~(7)の記載漏れは失格となります。
       応募はハガキのみ。1人1通に限ります。

【送り先】  〒520-0015 滋賀県大津市神宮町1-1(近江神宮社務所 内)
                 時を守る会 クイズ係 宛

【締切り】  令和6年6月3日(月)必着

【抽選】   6月10日(月)全問正解者の中
から抽選で5名の方に賞品(時計)を進呈
 
【発表】   賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます
 
近江神宮
〒520-0015滋賀県大津市神宮町1番1号
TEL:077-522-3725
 FAX:077-522-3860

https://oumijingu.org/
-----------------------------------------
ご祭神 天智天皇(天命開別大神)
ご神徳 時の祖神
開運・導きの大神
文化・学芸・産業守護
-----------------------------------------
・参拝時間     6:00~18:00
・ご祈祷      9:30~16:00
・お守り・御朱印等 9:00~16:30
・時計館宝物館   9:30~16:30
        (入館16:15まで)
・結婚式打合せ   10:00~16:00
-----------------------------------------
【参拝所要時間】
参拝のみ:駐車場より10分程度
日時計・漏刻等観覧:5~10分程度~
時計館宝物館: 15分程度~
-----------------------------------------
車いす利用 時計館横から外拝殿までスロープあり。時計館横に車いす用トイレあり。時計館横まで身障者用自動車は乗入可能
-----------------------------------------

【祭典行事予定】
4月20日 例祭
4月21日 近江まつり
(例祭神賑行事)
4月29日 昭和祭
5月17日 崇福寺鎮魂供養祭


0
5
3
5
2
8
1
1
TOPへ戻る