本文へ移動
旧官幣大社・勅祭社で、社殿は近江造り・昭和造りといわれ、
近代神社建築の代表として登録文化財となっています。
近江神宮は、滋賀県西部の大津市中心部にほど近い、琵琶湖西岸の山裾にあります。
天智天皇の10年、近江大津宮に漏刻を創設して時報を開始されました。
大宇宙の悠久の時の動きは神々のはたらきでもあることに感謝の誠を捧げ、
6月10日時の記念日に漏刻祭が斎行されます。
小倉百人一首巻頭の天智天皇御製「秋の田のかりほの庵のとまをあらみわが
衣手は露にぬれつつ」を神前で朗誦し、かるた開きの儀が行われます。この歌
のゆかりにより、近江神宮では競技かるたの大会が盛んに開催されています。
馬事を進められた天智天皇の時代を偲び、時の記念日に先立つ6月第1日曜日、その祝賀奉納行事として流鏑馬神事が執り行われます

令和4年の年柄

 新型コロナウイルスの蔓延がすべての前提となった二年間であった。思えば有史以来このような大規模感染症はあまたあったはずだが、世界の交流の規模が小さかった前近代にはここまで全世界のものとはならず、また現代医学、保健体制のもとで近年は長く平穏が保たれてきたため、現代人にとっては今回のことは全く未知のものに近く、大きな影響を残すことになった。この二年間をどのように生かすかが今後の課題である。
本年令和四年壬寅五黄の年。本年一月には天智天皇一三五〇年祭を迎える。そして壬申の乱一三五〇年であり、弘文天皇一三五〇年祭の年でもある。
 また本年は太陽暦定時法の公布された明治五年から一五〇年でもある。時刻制度の改革は社会の近代化に必須のものであったが、定時法の普及を大きく促進した学制、徴兵制度、鉄道はみなこの年から始まったのであった。
本年の十干の壬(みずのえ)は水気の陽。壬は妊であり、万物懐妊という。前年の辛は新であり、万物新生を表わすが、本年はそれを受けて新たな種子が固い殻の中に次代へとつながる生命を育み、内部の生命体が少しづつ大きくなって生まれ出ようとしていることを表わしている。コロナ禍によって蓄積された災禍を拭い去ることが求められ、期待される本年、災禍旧弊を払拭し前代から受け継いだ生命を育み次代へと新たに出発するための準備の時、胎動の年といえよう。
 寅は木気、春の始め。(旧)正月を表わす。一年は寅の月に始まる。一日では夜明けの少し前、午前四時ころ。これから物事が始まっていこうとする時である。易卦では地天泰といい、陰気の下から陽気が増えて陰陽相半ばしている形
。上の三本の陰(地)に対し下から陽(天)が抬頭して三本となり、天地陰陽が交わって新たな動きが始まり、生命の誕生、成長を促していく。春から夏へと季節が進んでいくように陰陽の気も進展循環し、万物万象が進んでいくが、寅はその大本の始まりを示している。
 『史記』に「寅は万物始めて生じ螾然(いんぜん)たるをいふ」とある。螾は螾(うご)くと読む。螾はミミズのことで、ミミズやモグラなど土中の生物が春の陽気に誘われて動き始め地上に出ること、また土中の生物が動き出すように、植物も発芽の時期になった種子が蠢動を始める様子をいう。またそのようなことから、寅の字義としても、伸び進んでいくことを意味する。
文字の形を見ると寅の文字は矢の形の象形で、矢竹の曲りを伸ばす形から来ているという。そこにも伸びるという字義が表われている。木の曲直を正すという意味にもつながる。また曲ったものをまっすぐにするところから居ずまいを正すとか謙譲の美徳とかにも結び付けられ、慎む、敬う、といった、現今忘れられようとしている大切な徳目の意味を内包する。
寅は動物では百獣の長の猛獣たる虎にあてられるが、猛獣であるがゆえにか、日本には生息しないために想像から神格化されてきたのか、神の如しと恐れられつつ神聖な動物として崇められてきた。襖絵などに描かれる虎は、人が動くと虎の目も動く、人がどこから見ても虎は正面から見ているといって神秘的に見なされているのもそんな聖性とも関係するのであろう。
 『日本書紀』には、虎を友としてその術を学び取る、枯山を青山にするなどの記述がある。虎にはそのような超能力があると考えられていたようである。雲は龍に従い、風は虎に従うともいい、風神雷神の絵に虎が描かれるなど、風を呼び雷雨を起こす力の象徴ともされてきたことは雨乞いなどの呪術にもつながる。
 そういった聖性を背景として縁起物の虎の作り物が各地の民具に伝わり、なかでも張り子の虎はよく知られる。古くは虎の頭の作り物を新生児の産湯に入れて魔除けとする風俗もあった。虎舞、虎踊りなどの民俗芸能もある。
天智天皇のご病床に皇太子・大海人皇子(天武天皇)を召して後事を託されたが、大海人皇子は固辞し、出家して仏事に専心するとして都を離れ吉野に籠られた。これを「虎に翼をつけて放てり」と時の人は評したという。その結果壬申の乱となり近江朝廷は敗れて都は飛鳥に還ることになる。その壬申の乱から一三五〇年である。
五黄の年は動乱の予兆を象意する波瀾の年という。変化作用が大きく動き、不安定な状態になりやすい。壬も寅も旧来のものを払拭して新たな形に生れ変って伸長し進んでいくことを表わしているといえる。コロナ禍は大きな波瀾であったが、今後はここからどう脱却していくか、今後とも繰り返されるかもしれない大規模疫病禍をどう折り込んで将来を形作るかが課せられた問題であろう。
(令和4年近江神宮『開運暦』より)

近江神宮
〒520-0015滋賀県大津市神宮町1番1号
TEL:077-522-3725
 FAX:077-522-3860

https://oumijingu.org/
-----------------------------------------
ご祭神 天智天皇(天命開別大神)
ご神徳 時の祖神
開運・導きの大神
文化・学芸・産業守護
-----------------------------------------
・参拝時間     6:00~18:00
・ご祈祷      9:30~16:00
・お守り・御朱印等 9:00~16:30
・時計館宝物館   9:30~16:30
        (入館16:15まで)
・結婚式打合せ   10:00~16:00
-----------------------------------------
【参拝所要時間】
参拝のみ:駐車場より10分程度
日時計・漏刻等観覧:5~10分程度~
時計館宝物館: 15分程度~
-----------------------------------------
車いす利用 時計館横から外拝殿までスロープあり。時計館横に車いす用トイレあり。時計館横まで身障者用自動車は乗入可能
 -----------------------------------------

【祭典行事予定】
7月22~23日
全国高等学校かるた選手権大会
8月24日  弘文天皇祭
8月28日  献書祭
0
4
4
7
1
1
8
9
TOPへ戻る