本文へ移動
旧官幣大社・勅祭社で、社殿は近江造り・昭和造りといわれ、近代神社建築の代表として登録文化財となっています。
 
 
 
滋賀県西部の大津市中心部にほど近い、琵琶湖西岸の山裾にあります。
天智天皇の10年、近江大津宮に漏刻を創設して時報を開始されました。大宇宙の悠久の時の動きは神々のはたらきでもあることに感謝の誠を捧げ、6月10日時の記念日に漏刻祭が斎行されます。
小倉百人一首巻頭の天智天皇御製「秋の田のかりほの庵のとまをあらみわが衣手は露にぬれつつ」を神前で朗誦し、かるた開きの儀が行われます。この歌のゆかりにより、近江神宮では競技かるたの大会が盛んに開催されています。
 
馬事を進められた天智天皇の時代を偲び、時の記念日に先立つ6月第1日曜日、その祝賀奉納行事として流鏑馬神事が執り行われます。

令和2年度 時を守る会 標語の募集

令和元年 時を守る標語
令和元年 時を守る標語
 
 「時を守る会」は、近江神宮の社会教育事業を担っている関連団体、天智聖徳文教財団の事業の一環として、6月10日の「時の記念日」を中心として、時を守る標語の募集、ポスター配布等の活動を通じて時間の大切さを見直す啓発選勤を行っております。
 本年は「時の記念日」制定100周年となります。この記念すべき年の時の記念日を迎えるにあたり、時を守る標語を募集します。多数のご応募をお待ちしております。
右に掲載したのは昨年の優秀標語2点のポスターです。
           
          記

【応募要項】 ハガキに標語1点(1通につき1点記載)、〒住所、氏名(フリガナ)、年齢、職業、電話番号を明記、在学中の方は学校名、学年を併記してお送り下さい。ハガキ以外での応募は無効。但し「青少年賞」に学校単位で応募される場合はハガキ以外も可。応募は一人10点(はがき10通)まで。はがき1枚に複数作品を掲載された場合は、その複数作品がすべて無効となりますのでご注意ください。青少年賞は、小・中・高校生の方が対象です。

【送り先】  〒520-0015
       滋賀県大津市神宮町1-1(近江神宮内) 時を守る会 宛
       電話 077-522-3725


【締切り】  令和2年4月13日(月)到着分まで

【 賞 】  最優秀賞標語(1点) 賞状並びに記念時計贈呈・標語ポスター作成
       青少年賞標語(1点) 賞状並びに記念時計贈呈・標語ポスター作成
       入選標語 (10点) 賞状並びに記念時計贈呈
      入選者の皆様には、6月10日(水 時の記念日)に近江神宮で行われます「漏刻祭」祭典の折に表彰式を行い、賞状ならびに賞品(時計)を贈呈します。

【発 表】  5月下旬、入選者の皆様には郵便にてお知らせいたします。
 
【注意事項】 最優秀賞標語ならびに青少年賞標語は、その標語を使って広報・啓発ポスターを作成し、関係各所に配布・掲示し、時を守る啓発活動に広く活用致します。ポスターには、一般の方は「在住都道府県名とお名前」を併記し、小中高校生の方は「学校名・学年とお名前」を併記致しますので、あらかじめご了承の上、ご応募下さい。
なお、応募作品の著作権などすべての権利は主催者に帰属します。
 

令和元年 時を守る標語入選作

 
(1)最優秀賞標語(1点選考)
 
   変わる世に 変わらぬ時の 大切さ       井田寿一様(滋賀県 77歳)
 
(2)青少年賞標語(1点選考)
 
   明日やろう 今日やらなくて なぜ言える    飯田悠生様(茨城県 17歳)
 
(3)入選標語(10点選考)
 
   スマイルを つくる時間は 素敵だね         (福岡県 11歳)
 
   一瞬を 幾重にも重ね 時となる           (長崎県 14歳)
 
   「過去」でなく 「今」と向き合え 「未来」のために (茨城県 17歳)
 
   「あの時…」。と 後悔するのは もうイヤだ     (茨城県 17歳)
 
   大切な 想いを込める 一瞬で            (島根県 17歳)
 
   汗流し 重ねた時間に 無駄はない          (愛知県 79歳)
 
   新しき 時代も時間を 大切に            (兵庫県 76歳)
 
   待ち合わせ 君はいつでも 5分前          (福岡県 36歳)
 
   一歩ずつ 時を重ねて 夢つかむ           (熊本県 60歳) 
 
   しっかりと 時間を守り 増す信頼          (滋賀県 66歳)

令和2年 時を守る会クイズ

問題 次の問題に「○」か「×」で、お答え下さい。
 第1問 時の記念日は西暦671年、天智天皇の御代に制定された。
 第2問 鳩時計の鳩は、元はカッコウであった。
 第3問 1秒の定義は、天体の運行をもとに決められている。
 第4問 うるう秒による協定世界時の調整は4年に1度行われている。
 第5問 時計の時針と分針が1日に重なる回数は22回である。
【応募方法】 ハガキに第1問から第5問まで、それぞれ「○」か「×」かを明記の上、〒住所・氏名・年齢・職業(学校名・学年)・電話番号を記入して「時を守る会」クイズ係までお送りください。
       応募は1人1通に限ります。

【送り先】  〒520-0015 滋賀県大津市神宮町1-1(近江神宮 内)
                 時を守る会 クイズ係 宛

【締切り】  令和2年6月4日(木)到着分まで(必着)

【抽選】   6月10日(水)近江神宮で行われます<漏刻祭>において、全問正解者の中
から抽選を行い、5名の方に賞品(時計)を進呈いたします。
 
【発表】   賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます
 
近江神宮
〒520-0015滋賀県大津市神宮町1番1号
TEL:077-522-3725
FAX:077-522-3860

http://oumijingu.org/
-----------------------------------------
ご祭神 天智天皇(天命開別大神)
ご神徳 時の祖神
開運・導きの大神
文化・学芸・産業守護
-----------------------------------------
・参拝時間     6:00~18:00
・ご祈祷      9:30~16:00
・お守り・御朱印等 
9:00~16:30
・時計館宝物館   9:30~16:30
        (入館16:15まで)
・結婚式打合せ   10:00~16:00
-----------------------------------------
【参拝所要時間】
参拝のみ:駐車場より10分程度
日時計・漏刻等観覧:5~10分程度~
時計館宝物館: 15分程度~
-----------------------------------------
車いす利用 時計館横から外拝殿までスロープあり。時計館横に車いす用トイレあり。時計館横まで身障者用自動車は乗入可能
-----------------------------------------

【祭典行事予定】
3月 17日 祈年祭
◆4月 20日 例祭
◆4月 26日 近江まつり
 
トップページ下欄のカレンダー記載の祭典時刻は30分程度早める場合があります。祭典中でもご祈祷はできます。
3
6
4
5
3
5
1
TOPへ戻る