近江神宮の初詣

正月の近江神宮境内案内図

正月の境内案内図 駐車場・車両案内中心
正月の境内案内図 楼門内中心

近江神宮の初詣ご案内

初詣基本情報

■参拝・応対時間
  1月1日~3日は終夜参拝可能
  ご祈祷受付 1日   午前0時~午後6時
        2日以降 午前9時~午後5時
  おふだ・おまもり・おみくじ等
    1日 午前0時~午後12時(2日午前0時)
    2・3日 午前8時30分~午後10時
    4日以降 午前9時~午後5時 
■年越しの開閉門
 従来12月31日午後6時に楼門をいったん閉門していましたが、昨年、一昨年と同様、今年も開けたままにします。
 したがって午前0時の新年初太鼓以前から、楼門は開いていることになります。
 (従来も時計館横から参入することは可能で、閉門がなかば無意味になっていたことと、楼門前で待っていた方が急に走り出すことによる危険防止のため)
■駐車場
 12月31日夜より1月5日まで
  駐車料金500円(バス 1000円)
  交通安全祈祷の車両は無料
  交通安全祈祷の車両は、1の鳥居の左側の道(通常の車両通路)よりお入りください。誘導者に他の道を誘導された場合は、交通安全祈祷の旨をお伝えください
  身体不自由な方の乗車車両も、1の鳥居の左側の道(通常の車両通路)よりお入りください
■トイレ
 ・時計館外 車イス用トイレもあります
 ・そば処 善庵前
 ・1の鳥居北側の駐車場内(仮設トイレ)

ご祈祷

■受付時間 元日   午前0時~午後6時ころ
      2日以降 午前9時~午後5時ころ
■受付場所 元日~5日午後3時ころまで
        外拝殿(本殿に向って)左側
      5日午後3時ころ以降
        楼門(本殿に向って)右側 通常の所
■神楽  5日までのご祈祷にはすべて神楽を舞います(時間外を除く)
■初詣の祈願に特に多い願意
  厄年厄除  家内安全  交通安全  
  心身健康  安産  災難除け
  受験合格  商売繁盛  厄年御礼参り  など
   このほか各種の祈願を申し受けています。
 特に厄年を終えられた皆様は、厄年の御礼参りとともに、家内安全・健康祈願などを続けて行う方が多くなってきました。
■厄年厄除祈願の撤饌(授与品)
 2月節分ころまでの厄除け祈願には、お札・お守りのほかに破魔矢を差し上げています。
■交通安全祈願の車のお祓い
 1月上旬の車のお祓いは、時計館横のしめ縄内に車を止めていただき、本殿でのご祈祷ののち、しめ縄内にて車のお祓いを行います。
■通信祈祷
 諸事情でお参りに来られない方のために、郵送等のお申込みによってご祈祷を行います。
 ご祈祷ののちお札・お守り等をお送りします。祈祷料は通常どおり5000円より。
 ご希望の方は申込用紙をご請求ください。
 
   

おふだ・おまもり

近江神宮独自の開運守りとして
●ときしめす守
  決断と前進の時を示し、進むべき道を説き示してご加護を頂く、開運へのチャンス獲得の守護符
●三つ目守 
  3つの目で過去現在未来を見渡し、将来の開運への道を展望するお守り
  などがあります。

おみくじ

●振りみくじ みくじ筒を振って出すおみくじ 5日まで境内右手奥のみくじ所で行います。
 1月1日から5日まで、テントを2張り用い、手前のテントと奥のテントとに、
 おみくじ筒を振る場所と、みくじ札を引き換える場所とを分けます。
 まず、手前のテントで、筒を振って棒に書かれた数字を見ていただきます。
 次に、奥のテントでおみくじ料をお納めいただき、おみくじ札と引き換えていただきます。
●折みくじ  箱から直接取り出すおみくじ 外拝殿の左右にあります。
●「ちはやふる」おみくじ 
 漫画「ちはやふる」のシーンが描かれたおみくじ
 お守り授与所の左(自動販売機の傍)にあります。時間により楼門横の常設授与所で行います。1回300円です。
 
 おみくじは必ずしもくくりつける必要はありません。持ち帰ってゆっくりお読みください。

祈願文

 祈願文用紙にお願いごとの内容を自由に書いていただき、初穂料を添え、箱に入れていただきます。外拝殿に数カ所置いてあります。翌朝の日供祭(朝のおつとめ)の際に神様にお取り次ぎします。
 お名前は郵送案内等には使用しませんが、匿名でもかまいません。授与品などのお返しはありません。初穂料は全くお気持ちでお納めいただきます。

開運福くじ

昨年の福くじの様子
年の初めの運だめしに開運福くじを行っています。1回300円で特等(20本 デジカメ・旅行券ほか)以下4等までの景品が当たります。空くじはありません。1日より3日まで。
1日は午前0時~午後7時 2日・3日は午前9時~午後6時  

甘酒

1日より5日まで甘酒所を開設しています。参拝後は直会がわりに甘酒をいただき、寒さを吹き飛ばしてください。(米・米麹100%。酒粕は使わず、アルコール分は含まれていません)
1杯300円 
持帰り用甘酒(米・米麹100% 一袋4杯分程度)400円 

古神札納め所

古いおふだ・お守り等は楼門下の階段の下、正面にテントを張って設けてあります。上の方にはありませんので、お参りの前に先に納めてから登られるとよろしいでしょう。
人形・ぬいぐるみ等はできるだけ控えていただき、また仏事関係品はお断りいたします。手提げ袋・ポリ袋等はできるだけお持ち帰りいただくようにお願いします。

露店

近江神宮が行っているものではありませんが、問い合わせがありますので、記しておきます。
だいたい12月31日夜10時ころ~元日午後7時ころ 2日・3日は午前9時~午後6時 大方は5日ころまで。楼門下~2の鳥居までの間です。
近江神宮
〒520-0015滋賀県大津市神宮町1番1号
TEL:077-522-3725
FAX:077-522-3860

http://oumijingu.org/
-----------------------------------------
ご祭神 天智天皇(天命開別大神)
ご神徳 時の祖神
開運・導きの大神
文化・学芸・産業守護
-----------------------------------------
・参拝時間   6:00~18:00
・ご祈祷    9:30~16:00
・お守り等   9:00~16:30
・時計館宝物館 9:30~16:30
・結婚式打合せ 10:00~16:00
-----------------------------------------
【参拝所要時間】
参拝のみ:駐車場より10分程度
日時計・漏刻等観覧:5~10分程度~
時計館宝物館: 15分程度~
-----------------------------------------
車いす利用 時計館横から外拝殿までスロープあり。時計館横に車いす用トイレあり。時計館横まで身障者用自動車は乗入可能
-----------------------------------------

【祭典行事予定】
◆4月19日 例祭宵宮祭
◆4月20日 例祭
◆4月23日 近江まつり 
◆4月29日 大津京遷都1350年奉告祭
      記念行事 
トップページ下欄のカレンダー記載の祭典時刻は30分程度早める場合があります。祭典中でもご祈祷はできます。
2
3
9
5
0
5
7