ブログ

 

滋賀レイクスターズのみなさんが参拝されました

2014-10-03
 長らくこの欄を休んでしまいました。 
 本日3日、地元大津市を拠点として活躍中のバスケットボールbjリーグチーム、滋賀レイクスターズのみなさんが、4日からのシーズン開幕に先立って選手・コーチ陣・スタッフともども参拝され、必勝祈願を込められました。傍で見るとまことに大きな方々ばかりで、昨年は結婚式のため神楽殿でのご祈祷で、神楽殿が見るからに狭い感じでしたが、今回は本殿でご祈祷をお受けいただきました。レイクスターズのウェブサイトで事前告知されており、報道関係者とともにファンの姿も見受けられました。
 レイクスターズ所属の棒高跳びの我孫子智美選手がアジア競技大会で銀メダルに輝いたところでもあり、本日はシーズン開幕の挨拶とともに、その報告に三日月知事を訪問し、激励を受けたとのことです 。
 レイクスターズはbjリーグでなかなかの成績を収めていますが、バスケットボールだけでなく、特に滋賀県のスポーツ界全般の育成と支援に力を入れておられ、今後のチームの活躍とともに滋賀県のスポーツ界の発展が期待されるところです。
 
 

流鏑馬神事が行われました

2013-11-03
 天候が懸念されていました流鏑馬神事はつつがなく執り行われました。
 1時過ぎ、天長地久の式の最中に傘が必要なほどの雨が降ってきましたが、一時的な雨で済み、その後は時折わずかの雨が混じりながらも何とか騎射もすべて相済ませることができ、多くの観客の皆様に楽しんでいただきながら行事を終えることができました。片付けの最中の3時過ぎから時折雨が強くなり、境内の人出も少なくなりましたが、七五三の参拝者や「ちはやふる大津展」の観覧の皆様とも相まって、賑わしい1日となりました。
 近江神宮の流鏑馬神事は、もともと平成2年の御鎮座50年の奉納行事として始まりました。平成2年は11月7日の御鎮座50年祭の次の日曜日の11日に行われ、翌3年は11月10日に行われましたが、4年から11月3日に行われています。
 11月3日は7日の御鎮座記念祭に先立つ祝日であり、文化の日として伝統行事を行うに好適な日でもあり、明治天皇のお誕生日として天長節であった昔から必ず晴れる日として知られ、現今でも「晴の特異日」の一つとされています。そのようなことからこの日に行うのが最もふさわしいとされました。
 しかしながら、13年、15年とここ10数年のうちで2回雨天中止となり、17年には開催を始めたもののすぐに雨が強くなり、一時中断に至った次第でした。ほかにも雨を心配しなければいけないような年が何回かありました。11月3日という明治以来かならず晴れると思われてきた明治節の日が、このように雨がちの日が多くなったのは、近年の社会と国民心意の変動とも関係しているのではないかという気にもさせられます。

NHK「おうみ食探訪」に「むべ」が登場しました、

2013-10-24
むべの実 テレビ画面より
むべワイン・リキュール
御鎮座記念祭に献納のむべ(中央奥)
 一昨日(22日)夕方、NHKテレビの滋賀県域で放送されている「おうみ食探訪」に天智天皇にまつわる伝説ゆかりの「むべ(郁子)」が紹介されました。
 「むべ」は近江八幡市特産のあけび科の果実。郁子の実は、天智天皇が付近を視察の折に、無病延命の霊果として御嘉納になられた故事にちなんで、平安朝初期より現在に至るまで、途中中断はあったものの連綿と皇室に献上されています。近江神宮にも毎年十一月七日の御鎮座記念祭に、近江八幡市・大嶋奥津嶋神社より宮司以下が参列して奉納されています。
 その伝説というのは、こういうものです。天智天皇御在世の往時、蒲生野に御遊猟の折、現在の近江八幡市島付近で八人の男児をもつ長命頑健な老夫婦に出会い、長寿の秘訣を尋ねられました。老夫婦は「この地に不老長寿延命無病の果実を産し、これを食べて長命を保ちます」とお答えし、天皇はこれを賞味して、「むべなるかな」と仰せられました。これが「むべ(郁子)」の名の由来になったと伝えられているものです。このあたりの事情も詳しく放送されました。
 近年はむべを使ったワイン・リキュール・飴などが作られ、数年前、近江神宮にも奉納され、むべ飴は祭典のお下がりなどにも使っています。

JRキャンペーンオープニングイベントが行われました

2013-10-06
テープカットのようす
市長とJR支社長によるかるたデモンストレーション
 10月2日、5日と伊勢神宮の式年遷宮の遷御の儀が行われ、新たな20年間へのスタートとなりました。当神宮からも内宮の遷御には宮司が、外宮には権宮司が参列しました。
 その5日、近江神宮では、JR西日本の「ちょこっと関西 歴史たび」キャンペーンのオープニングイベントが行われました。本年春から始まった同キャンペーンの第3弾として近江神宮をとり上げていただいたもので、そのオープニングにあたって、主催者のJR西日本京都支社長藏原潮氏とともに、越直美市長にも袴姿で出席いただいて楼門のところでテープカット、続いて近江勧学館で、市長と京都支社長とによる競技かるたのデモンストレーション対戦が行われた次第です。

台風18号被害お見舞い申し上げます

2013-09-18
 滋賀県大津近辺では災害を起すような雨はしばらく降っていないと書いて、ちょうど1週間で台風18号が襲来することとなってしまい、特別警報の制度ができて最初の大雨特別警報が出されました。滋賀県内では大津市(328㎜)・土山町(364.5㎜)など7地点で、京都府内では6地点で観測史上最大の48時間雨量を記録したとのことで、県内では705棟で床上または床下浸水被害を被るなど、大きな被害が出ました。1時間雨量はそれほどのものではなかったが、長時間降り続いて数十年に一度という被害に結びついたとのことです。
 滋賀県内、大津市内各所でも土砂崩れや河川氾濫などの多数の被害が起こっており、京阪京津線は当分の間不通ということになってしまいました。崇敬者の皆様のなかにも浸水被害を受けられた方があるようで、心よりお見舞いを申し上げます。
 このようななか、神社関係でも倒木や山崩れによる建物被害を被ったところもあるようですが、近江神宮の境内では3本の木が根こそぎ倒れ、一部山崩れを起したところもありますが、建物その他には影響はなく、幸いでした。
 今回の台風は、滋賀・京都は中心からかなり離れ、しかも進行方向の左側であったにもかかわらず雨風ともに甚大なものとなりました。(日本海側に大きな被害をもたらした平成16年の23号台風も進行方向の左側の方が雨風ともに強かったとのことです。)また関東では、中心から全く離れている上陸前の段階で竜巻・突風被害が起ったとのことです。
 
 被災されたみなさまには心よりお見舞いを申し上げ、早期の生活再建をお祈り申し上げます。
 

▼お気軽にお問い合わせください

近江神宮
〒520-0015滋賀県大津市神宮町1番1号
TEL:077-522-3725
FAX:077-522-3860

http://oumijingu.org/
-----------------------------------------
ご祭神 天智天皇(天命開別大神)
ご神徳 時の祖神
開運・導きの大神
文化・学芸・産業守護
-----------------------------------------
・参拝時間   6:00~18:00
・ご祈祷    9:30~16:00
・お守り等   9:00~16:30
・時計館宝物館 9:30~16:30
・結婚式打合せ 10:00~16:00
-----------------------------------------
【参拝所要時間】
参拝のみ:駐車場より10分程度
日時計・漏刻等観覧:5~10分程度~
時計館宝物館: 15分程度~
-----------------------------------------
車いす利用 時計館横から外拝殿までスロープあり。時計館横に車いす用トイレあり。時計館横まで身障者用自動車は乗入可能
-----------------------------------------

【祭典行事予定】
◆4月19日 例祭宵宮祭
◆4月20日 例祭
◆4月23日 近江まつり 
◆4月29日 大津京遷都1350年奉告祭
      記念行事 
トップページ下欄のカレンダー記載の祭典時刻は30分程度早める場合があります。祭典中でもご祈祷はできます。
2
3
6
2
7
2
6